Top >  合格実績・体験記 >  合格実績中学部 >  合格体験記 朋優学院高

○●合格体験記


みんながんばったね!!うれしい声が続々と届きました。

ウイングに届いたメッセージから一部をご紹介します。


◎朋優学院高等学校

ウイング宮崎台教室 K・S さん
【合格校】◎朋優学院高等学校 ◎多摩大学目黒高等学校 ◎市ヶ尾高等学校

この高校受験は、私にとっていろんな意味で思い出に残るものとなりました。今まで経験したことのないくらい勉強をして、何度も諦めそうになったけれど、先生や親に励まされ、最終的には合格することができ、目標に向けて頑張ることの大切さや、それを達成できたときの喜びを知ることができました。それともう1つ、受験で思い知ったことがあります。それは健康でいることがいかに大事かということです。冗談みたいな話ですが、私は筆記試験を受け、その次の日に面接をして、その次の日に入院という人生でもう二度と経験しないだろうというような経験をしました。私は試験を受けることができ不幸中の幸いでしたが、入院が一日でも早かったら受験できないという事態が陥るところでした。いくら受験だと言っても、夜遅くまで勉強しすぎたり、無理をしすぎるのは良くないと思います。自分の体をいたわって体の調子を整えるのも勉強と同じくらい合格するには必要なものだと思い知らされました。

ウイング宮崎台教室 H・Y さん
【合格校】◎朋優学院高等学校 ◎日本工業大学駒場高等学校(理数特進) ◎日本工業大学駒場高等学校(総合進学) 

私は中学1年生の夏期講習の頃に入塾し、中学校生活3年間をこの塾で過ごしました。中学3年の合宿を終えてからは、すぐに入試本番になってしまいました。入試本番のときは、思っていたよりも緊張していて思うように問題を解くことが出来ず、その学校は落ちてしまい悔しかったけれど、次の日からは普段通りに受けれて、合格することが出来ました。このことを今後に活かしていきたいです。


●○保護者の方より

【ウイング生で良かった。】
 息子がウイングに通い始めたのは中学1年生の夏期講習体験後の秋からでした。この近辺には数多くの塾があります。その多くの塾の中でウイングを選んだのは、先生方の目が子供一人ひとりに行き届くと感じたからでした。大手塾だと学校に二度通っているような感じになるだけなので、その大勢の子供達の中でただ授業を受けるだけになってしまい息子はその中で埋もれてしまうのではないかと感じたのです。その時の直感は正しかったと思っています。

 息子の性格や得意・不得意を把握して苦手アレルギー反応を起こしていた英語では、先生が授業の始まる前に時間をとって一つひとつ丁寧に単元を潰して下さいました。中学2年生の冬から受験まで一年以上もです。今では英語は苦手な教科ではなくなり、本人も自信がついた様です。

 受験校を決めていく時も、いつも親身になり相談にのって下さいました。内申が最後の最後に1ポイント上がり、息子の気に入った学校の併願が取れ、更に上の学校にチャレンジする機会を得ました。結果、一番通いたがっていた学校の進学コースに一般入試で合格し、併願校では繰り上げ合格をし、理数特進コースに合格することができました。どちらに進学するのか悩みましたが(嬉しい悩みです)繰り上げ合格した学校を選びました。本人は最後の一ヶ月、更に英語がぐっと伸びたと言っていました。最後まで諦めないで努力していく事の大切さを身をもって学んだと思います。

 受験当日学校まで着いていって下さった先生、最後まで側に寄り添い息子の勉強に付き合って下さった先生、本当にありがとうございました。いい受験ができました。熱く、そして温かいウイングに入塾し、本当に良かったです。

  1. どんなコースがあるの?
  2. 無料体験授業を受けたい
  3. 資料請求をしたい