Top >  合格実績・体験記 >  合格実績小学部 >  合格体験記 恵泉女学園中学校

○●合格体験記


みんながんばったね!!うれしい声が続々と届きました。

ウイングに届いたメッセージから一部をご紹介します。

◎大妻多摩中学校

ウイング新百合ケ丘教室 S・M さん 
【合格校】◎恵泉女学園中学校 ◎大妻多摩中学校 

私がこの塾に入ったのは小4の2月でした。初めての受験塾で、ペースになれず知恵熱を出したりするなど、大丈夫かなと心配になるほどでした。私は、計算、漢字、地理などが苦手だったため志望校が決まってからもなかなか過去問の合格点にとどかず不安でいっぱいでした。
そんな中、塾に行けばすぐに質問に答えて下さり、私の得意、不得意を一番にわかってくれる先生方がとても私の支えになりました。最後の日まで朝早くから塾に来てくれたり、苦手なところのプリントをくれたり。本当にありがとうございました。つらいこともあったけれど、私にとって居心地の良い塾でした。


●○保護者の方より
娘がウイングで、初めて体験授業に参加したのは4年生の2月でした。塾通いをしたことがなく、初めて4時間近くの長い授業を受け、帰宅した時の第一声は「授業が楽しかった!」でした。でも、その後38度の熱が出てしまいました。本人希望で、入塾を決めましたが、塾にいる時間が長くなるにつれ、宿題をこなすのが精いっぱいで、習ったことを自分のものにすることも出来ず、息切れしてしまうこともしばしばありました。

周りが学校説明会に行き始めても、相変わらずマイペースな娘が本当に受験などできるのか、不安ばかりが募っていきました。そんな娘の気持ちに変化が見られたのが、6年生の「夏期合宿」でした。宿舎で缶詰めになり、1日中勉強したこと、先生方が応援に駆けつけてくれたこと、最後まで頑張った達成感、沢山の初めての経験がようやく受験生としての自覚を持たせてくれました。

娘の苦手なところを十分に把握して下さっている各教科の先生方に、本番直前まで熱心に向き合って頂けたことで、第1志望校に合格することができました。更に願書の申込み間際で志望校を追加し、挑戦して結果が出たことも、娘に大きな自信を持たせてくれました。ウイングで過ごした2年間は、娘にとって大切な時間となりました。勉強の難しさや楽しさを教えて下さった先生方には心から感謝しております。ありがとうございました。

ウイング新百合ケ丘教室 A・Z さん
【合格校】◎大妻多摩中学校 ◎相模女子大学中等部

私が入塾したのは、3年生の2月でした。しかし、まだそのときは甘い気持ちでした。
あれから3年。受験当日、ガチガチになりながら家族や先生方の声援を受けテストにのぞみました。終わっても気持ちは五分五分。そして結果発表。学校まで見に行きました。現地で姉も待っていてくれて、受験番号を探しました。見つけた瞬間、姉がとても喜んでくれて頑張ってよかったと思いました。


●○保護者の方より
娘が受験をしたいと言い出したのは5年生の春でした。娘は、その少し前に2歳年上の姉の壮絶な入試本番の様子を目の当たりにし、「私、中学受験なんて絶対に嫌!」と言っていました。ところが、その子が自ら中学受験を決めたのは、行きたい学校ができたからでした。4年生の時からウイングに通っていましたが、それは姉が6年生で、一緒に同じ塾に通っているという甘い気持ちだけでした。しかし、行きたい学校がある!という気持ちは本人をとても強くし、沢山の挫折がありながらも、何度も立ち上がっていきました。

そんな中、受験生の親が言ってはいけないとよく本などにも載っているセリフのうち、私はほとんどのセリフを言ってしまいました。家族に「今年のママの流行語大賞は、“受験やめちまえ!”だね!」と言われるくらい、勉強に対するいい加減な姿勢に、常に呆れてしまっていました。

受験校の偏差値は、学力の偏差値だけではなく精神年齢の偏差値でもあるのではないかと思います。ただ言われたことを勉強するのではなく、習った事をどう受け止め、どう次に進めていくのか、目標に向かって自らをどう活かしていく力があるのかが大事だと思い、娘と何度も話しをしました。それでも娘はまだ精神年齢が達していないと思い、何度も受験にストップをかけました。

しかし、ウイングはそんな娘に真剣に叱ったり、親身になってくださり感謝しております。また、少人数ならではの良さが色々とあり、仲間同士で切磋琢磨してくれたようです。受験本番ギリギリまで各教科の先生方一人ひとりの熱いご指導があったからこそ、第一志望校の合格ができたと思います。姉妹二人とも、大変お世話になりました。ありがとうございました。

  1. どんなコースがあるの?
  2. 無料体験授業を受けたい
  3. 資料請求をしたい